スタッフブログ

ちばもく 東京木材市場見学

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/04/17(月) 社長のブログ

ちば木セミナ-で、東京木材市場の無垢の建材の見学

普段は、見ることがなかなかできない、市場の見学に

ちば木造ネットワ-クのセミナ-を兼ねて行いました。

魚では、築地市場、木材は、新木場、浦安など、

市場があります。

材木屋さんしか入れません。

材木市場

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 

市場は、一般の方がいっても直接買うことができない

システムになっております。

商材の流れはこのようになります。

市場→材木屋さん→工務店もしくはユ-ザ-様になります。

市場で材木屋さんが、買い付けて、

お店に運んで商品を販売するような感じです。

材木屋さんの目利きにより、買う方がお安く提供できると思います。

具体例は、例えば銘木のケヤキのテ-ブルにするような

大きな板があったとします。

ユ-ザ-が仮に買えたとしても、相場も解らないと、市場の言い値で

買うことにもなりかねないのです。

専門的なことは、もち屋に任せて行う方がたいていが、うまくいきます。

材木以外でも、魚、野菜、なども市場から、販売店に販売される

システムも同じことでうまくいく秘訣は、専門屋さんに任せることです。

・木造住宅の専門は地場工務店

木造を取り扱うのは、地場の工務店の方が、

大手ハウスメ-カ-より大変優れています。

木のことを知りつくしたプロが、家づくりに使う材料を吟味して、

(目利きして)創られていきます。

自然素材の、無垢材、珪藻土、しっくいなどもお手のもんです。

1棟、1棟、真心こめて、作り上げていきます。

確かに、無垢材や、自然素材を扱うと、お時間が余計にかかります。

床材も、無垢材は巾の広いものはありません。だいたい、105~120ミリの幅で一枚、一枚貼っていきます。

新建材の床は、巾が30センチ以上あります。

床貼りでも同じ面積を貼るのに3倍時間がかかります。

壁の珪藻土も、下地処理(ボ-ドの継ぎ目処理、ビス穴処理などして)

マスキングして、左官仕上げして、乾かしますので、ビニ-ルクロスと比較すると、2倍以上時間は、かかります。

自然な素材を上手く、大事に使うのが地場の工務店なのです。

  

いかがでしたか?

市場のシステムの内容、木材を扱うプロの工務店の

お話でした。

地場工務店は

本物の木材を、真心こめて、大事に使います。

無垢の木は大事にお手入れしながら使うと、物もちも大変いいです。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 


資料請求 青山都市建設

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ