スタッフブログ

家づくりの始め方 家のことを理解しよう 後篇

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/08/18(金) 社長のブログ

前回は、土地探しのやりかたと、建設会社さん探し、相談を同時に行うと、

失敗しない家づくりができるということでしたね。

今回は、

買いたい土地と、建物のプラン、総額がほぼ決まって

順調に進めていた場合のプログです。

 

土地に買い入れ申し込みする。

 我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

土地、建物プランが、総額が、ほぼ決まってきたら、

買いたい土地に、買い受け申し込みをします。

販売価格に、事前に相談した位の交渉価格で、申し込みをします。

次に不動産屋さんが、売主の土地オ-ナ-様に値段の了承を頂きます。

オ-ナ-様の都合で、土地の契約日を設定します。

住宅ロ-ンで買いますので、ロ-ン特約を付けてもらいます。

万一、住宅ロ-ンが通らない場合は、白紙撤回する内容です。

銀行の申し込みは、請負契約書と建築確認申請書が必要になりますので、

プランを、確定して建築確認申請します。

この頃に、建築会社さんとも契約しますが、住宅ロ-ン特約をこちらにも

付けておきしょう。

土地の残金の決済日が、契約から1ヶ月位が目安になりますので

これくらいまでに、銀行ロ-ンの融資承認をもらえるようにします。

*決済日以降、土地の名義は売主さんから、買う方に移転します。

土地探しと、お気に入りの建築会社のプランを同時にしているから

このようにスム-ズに住宅ロ-ンまで進んでいくことができます。

銀行ロ-ン申し込み

銀行ロ-ンの申し込みは、たくさんの書類などが必要になります。

住民票

印鑑証明書

実印

源泉徴収証

借入する銀行の通帳

通帳印

建物請負契約書

建物の建築確認書

土地の重要事項説明書

土地の売買契約書

土地の登記簿謄本

建物の図面

自然素材で創る建物の見積もり書

印紙代金

司法書士手数料 (現金で用意)土地決済時と、金消契約時

 などが必要です。(銀行に事前確認しておきます。)

土地の謄本は、不動産屋さんに取ってもらうようにしましょう。

銀行の担当者さんに、土地の決済日を申し上げておきます。

土地の決済は、通常、住宅ロ-ン申し込み銀行で行います。

不動産屋さんと、日時の打ち合わせをして決済日を決めていきます。

決済日は、銀行の営業時間内で、平日になりますので、お仕事は、

休暇もしくは、半休で対応してください。

初めてのことで不安ですので、私は、ローン申し込み時、銀行決済時には、同席するようにしております。

一時間くらいで、ロ-ン申し込み、決済は終わりますので

たくさんある、提出書類を忘れないようにして下さい。

銀行ロ-ン申し込み、土地から買う時の決済までの流れを、

説明しました。

銀行の事前審査は、買う土地、プラン、総額が見えた頃、

一回しておくと、銀行ロ-ンの申し込みがスム-ズになります。

長期優良住宅、ゼロエネ、低炭素申請も確認認可頃、同時に

申請しておくとよりスム-ズでしょう。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZHE・ゼロエネルギ―住宅になります。 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ