スタッフブログ

温熱環境を考える

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2018/03/18(日) 社長のブログ

1年以内に新築された家でも寒さを感じる方も多くいます。

これは、なぜか?というプログです。

取手の家 リビング 自然素材

断熱材の施工が不良

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

一番は、作り手が、断熱材の施工の仕方をしらないいで工事しており、

断熱欠損していることが考えられます。

特に、外壁に構造用合板を貼っていて、グラスウ-ルを使用している

家は、要注意です。

なぜなら、構造用合板(ベニア板)は湿気を通さないので

ベニア板の面で結露を起こす恐れが非常に高いです。

断熱欠損(断熱材が抜けている)所から、室内側から、外壁に向かって

水蒸気が移動しています。

窓ガラスが一番解りやすいのですが、外が寒く、室内が暖かいと、

結露しますよね。

それが壁の中でおこっています。

そうなると、結露で大事な構造材の寿命が短くなります。

どうすれば予防できるか?

住まい手の方も、家を建てるところで魔法の言葉を使いましょう。

「国の省エネ講習を受講されていますか?」と聞いてみてください。

これだけで、断熱材が正しく施工できるかわかります。

「受けていない。」「知らない。」「何ですかそれ。」

もう論外です。

家を建てる候補から外して下さい。

会社の監督、大工さんもきちんと受講済みのところをまた、

探してみて下さい。とはいえ、大手ならだいじょうぶかな?

大手のビルダ―だからと言って安心はできません。

雨の日に1階の床にグラスウ-ルを使用して上棟しています。

工期短縮の為に、土台を引いた後に1階の床に断熱材を入れてから

上棟します。屋根をやってからではないので、普通に考えても

濡れますよね。濡れたグラスウ-ルは乾きません。

工事の進め方もとても大切なのです。

木の家、自然素材の家で建てたい場合

大手ハウスメ-カ-は、自然素材の扱いに、慣れていません。

じゃあ、地域の建設会社、工務店はどのように探せばよいか?

簡単です。

長期優良住宅ができるか?できないかで判断する。

建築可能な場合は、省エネ講習も受講済み、構造計算もできて、

申請に必要な難しい書類もできるということです。

今回は、ここが一番のポイントになります。

・いかがでしたか?

新しい家でも最近よく家の中が寒いということはよく耳にします。

設計図書の、今の基準の断熱材を使用しても、作り手が、正しい施工方法を

知らないと、家の中は寒くなります。

断熱材の施工は、お住まいになる方の命にもかかわるので、

きちんとした、断熱工事ができるところで家は建てましょう。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もできます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

  

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ