スタッフブログ

本当の家づくりのやり方

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/10/20(金) 社長のブログ

家を建てたくなる気持ちになるのはどのようなことがありますか?

家族が増えて今の住まいが手狭になった。

子供が産まれたら家が欲しいと思っていた。

家が、老朽化で建て替えの時期になった。

いい土地が見つかった。

さまざまな思いたちがあります。

普通の家づくりとは?

「本当の家づくりはこんな違う」というプログです。

 家づくり 構造 等級3

家とは?

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

あなたにとって、家とはなんですか?

疲れをいやしたり、勉強したり、子供と遊んだり、パーティ-をしたり、

笑顔をはぐくむ場所、子育てをする、終の棲家、いろいろありますね。

雨風しのぐ、暑くない、寒くないは、ちょと今回は、おいておきます。

思い立ったら、まず何からはじめればいいでしょうか?

家づくりの相談と、土地探しは同時にしたほうがいい?

最初にやることで、ほとんどの方は、住宅展示場に行ってしまいます。

見るだけなら構いませんが、家のこと、土地のことを少しだけ知ってから

いった方が為になります。

税金の資料などの収集は良い選択だと思います。

まず最初に考えることは、家づくりの費用です。

ここが屋台骨です。

月いくらくらいまでなら返済できるか?

今かかっている月の固定費はいくらか?

貯金、親御さんの援助。

車のロ-ンがあれば残りの金額。

お金のお話は、まずはこれくらいです。

次に、土地探しも、工務店探しも同時にしていくことをお勧めします。

土地の形、立地条件、日当たり、交通量、駅からの距離、敷地の高低差

土地の価格の構成は、いろいろで上の条件にプラス側に加点されると、

値段は上がっていきます。

土地探しは、小学校校区、いろいろありますが、あせらず、一呼吸おいて。

住宅の専門家(工務店にも)アドバイスしてもらいましょう。

道路の巾、その敷地が、道路に何Mくっついているか?崖がないか?

家が問題なく建てられるか聞いてみてから、土地を決めたほうが、失敗を

防ぐことができます。

次に家の中で使うものがどんなものがあるか見てみます。

 家の中で使う素材はどのようなものがあるか?

 ほとんどの方の、今のお住まいは、新建材と言われる工場で作られた

 人工的な床材、ドアです。

 最近では、印刷技術がものすごく進歩して、一瞬、新建材とは、

 思わないほど精巧です。

 このような材料を使用しての家づくりが、普通だと思われています。

 ところが、知っとくと良いことがあります。

 床材は、無垢床を使うとことです。

 肌触りが良く、暖かく、べたつかない、呼吸している。

 さらに、フィトンチッドが出ている。

 住宅で使用するすばらしい床材が、実はあるのです。

次に、壁材です。

ほとんどは、ビニ-ルクロスというものです。

張替ありきでつくられたものです。今お住まいのアパ-トや、マンションも

ほとんどこの商品です。

ここで、知っておいて下さい。

室内を調湿してくれたり、有害物質を分解する商品があります。

珪藻土、漆喰が、そのような効果があると言われております。

この商品は、左官屋さんが、練ってあるものをコテで壁や、天井に、

塗りつけていきます。

ペットのにおいも分解します。

床材を無垢のフロア-、壁天井を、塗り壁にすると、家の中は

癒しの空間になりますので、思いっきり深呼吸できます。

素材を活かすのも作り手次第です。

素材を、活かして家づくりしていると、

その素材が自然素材になると、普通の新建材の床、ビニ-ルクロスに、

比べると相当気を使って施工します。

素材の特性を知らないと、隙間ができたり、反ったり、割れたりします。

無垢の床は、呼吸していますので、伸縮に対応できるように、わずかな

隙間をわざと作ったりして、調湿で動いた時に余裕を持たせたりもします。

張る面積も、1枚1枚、気をつけながらの作業ですので、

1日張っても少しの面積しか進みません。

壁の左官材も、素材が、デリケ-トなので、

夏場ですと、材料を少し柔らかめにして水分を多くしたり、

急激に乾かないようにしたり、また冬場ですと、室温をあげながら作業

したりしております。

素材に、手間をかけた分答えてくれるのが自然素材の良さなのです。

 いかがでしたか

家づくりは、無理のない予算で計画していくことが、とても大切です。

土地探しを先行しないで、工務店の家づくりを聞いて総予算で進めていく。

土地先行で高い土地を買うと、どうしても建設費を削る作業がでてきます。

無垢フロア-や塗り壁などこんな材料もあるんだと発見できましたね。

もし、無垢フロア-塗り壁を知らなかったら、新建材のシ-トの床材、

壁はビニ-ルクロスになります。

建てた後に後悔することはないように、

信頼できるプロにじっくり相談して進めていくようにして下さい。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査も診断でき、不具合を直せます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ