スタッフブログ

家づくりは、どのようにすすめればいいか?

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2018/06/03(日) 社長のブログ

初めての家づくり、何からスタ-トすればよいか、土地の選び方は?

成功する家づくりの進め方は?というプログです。

総予算をまず知ること。

我孫子市で創業33年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

家絵にかかる費用は大変高額で、ほとんどの方は住宅ロ-ンを使用します。

ここで大事なことは、いくら返せるかではなく、

ゆとりある返済計画が必要になります。

多くの方は、ここで、目いっぱいロ―ンを組んでしまいます。

今の1か月の生活費、家賃、駐車場代、貯金額、親御さんの援助等により、

総額が、おおよそ解ります。

だいたいの無理しない返済額は、決まってきます。

家は、どれでも同じではないです。

ハウスメ-カ-の家、地場の工務店、建設会社の家、建売りの家など

いろいろあります。

ここで注意しなくてはいけないことは、自分たちに合った家か?

どうか?ということです。

玄関を入って、寒い家は、ダメだとか、

少ないエネルギ-で節約しながら住みたい。

地震に強い、災害に強い家。

深呼吸できる家がいい。

小さい子が、アレルギ-の心配が無い家がいい。

自然素材に囲まれた家がいい。

たくさんあると思います。

この中で、大事なことは、構造、断熱と、その作り手との相性です。

構造は、地震に強く、構造計算された家で、長期優良住宅がでたり

する会社さんであれば問題は無いと思います。

断熱は?これをおろそかにしていると、玄関が寒かったり、エアコンが効かなかったり、

光熱費が削減できない家になってしまいますので、

省エネ講習受講済みの建設会社、大工さんがいるところで建てましょう。

よく断熱された家では、血圧が安定してきます。理由は、

住宅内の温度差が少ないからなのです。

住宅内事故で亡くなる方は、交通事故よりもはるかに多いという

報告があります。

ここの2つには後ではできない工事ヶ所ですので、

予算配分は多めにしておきましょう

作り手との相性は大事です。

家づくりに対する思いと情熱、考え方が、近いか?

自分達が住みたい家を創ってくれそうか?

楽しく家づくりができそうか?

地場の会社さんは、この3点で判断はできると思います。

よくありがちなことは、見積の金額だけで、その家のこと、会社のことを、

判断しないということです。

金額も大事ですが、

このように迷ったら工事現場を見てみましょう。

整理整頓、ゴミの片づけ、この二つだけで本当かどうか解ると思います。

地場の建設会社なら、工事現場、お住まい中のオ-ナ-宅は、

見せてもらえます。

家は建てて終わりではなく、アフタ-メンテナンス、定期点検、

建具調整等、末長いお付き合いになり、そこには、お互いに信頼関係が大切になります。ほとんどの建設会社は、そのお客様の為にいい家を創って、

喜んでもらいたいというのが本音なのです。

いかがでしたか?

家づくりの、予算どり、心構え、予算をかけなくてはいけないポイント、

相性、その会社の考え方を聞いて、自分たちの夢を形にしてくれる

ところを探してみましょう。

 家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

 標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ