スタッフブログ

家づくりをどのように考えますか?

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/11/23(木) 社長のブログ

日本の家づくりは、作り手主体の家づくりがまだまだ多いのが現状です。

家づくりするときに、その家で何がしたいかから考えましょう。

というプログです。

W断熱の家 照明器具

家を建てる目的は何か?

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

今住んでいるところが、子供が大きくなり手狭になった。

子供が産まれたら家を建てたい。

賃貸だったので、の土地を買って家を建てたい。

理由は、たくさんあります。

では、目的は?

その家で何がしたいか?

どんな暮らしがしたいか?

「子供が、のびのび育ってほしい。」

「よく眠れるようにしたい。」

『両親が、高齢なので近くに建てたい。』

『庭で、バ-ベ-キュ-がしたい。』

まだこの他たくさんありますが、これが目的です。

 

家は、建てるだけが目的ではありません。

建てた後も、その家での生活、子供たちの遊び、

友達を呼んでのパ-ティ、ビルトインガレ-ジで車いじり。

趣味なども楽しめる家づくりが大切です。

家を建てる目的があると、家づくりは楽しくなります。

目的があると、土地探しからの場合は、

家を建てたからやることに応じて土地探しをします。

畑、バ―べ―キュ―をする場合は、広めの土地を探します。

駅から多少離れても、この目的の場合は仕方ないですね。

家の中、間取りは、目的に応じて考えてみます。

ピアノを思う存分引きたい場合は、防音室を作ったりもします。

子供がまだ小さいので、2階には、子供部屋は作らないとか、

いろいろなことがプランをするうえで、でてきます。

目的を探しながら、プランすると、楽しい家づくりになります。

大切な構造、断熱は、プロにまかせてみる。

家の骨組みは、プロに任せておいてよいと思います。

プランの段階で、安全なプランになるようにアドバイスしながら

作り上げていきます。

断熱材も、いまは、最低でも等級4レベルは確保してほしいです。

耐震性も、等級3を取れるようにしていきましょう。

太陽光パネルを乗せる場合は、構造計算なしではお勧めしておりません。

枚数にもよりますが、550Kg以上屋根に乗りますので、それなりの

地震対策、構造補強が必要になります。

構造計算しなくても家は建ちますが、家を資産にするには、

長期優良住宅以上にして、家族の健康、地震対策はもちろんですが、

将来の万一の転勤時の、売却や、賃貸に出す場合は大変有利です。

 いかがでしたか?

家は、目的から進めていくと、計画しやすいと思います。

建てて終わり、ロ-ンを払い、家と会社の往復、

これだけではつまらないと思います。

何かを楽しめて、家に居て楽しく、ストレスを軽減して、

疲れを癒せる空間づくりを私たちは考えています。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もできます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。


資料請求 青山都市建設

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ