スタッフブログ

絶対に失敗しない土地の選び方

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/01/15(日) 社長のブログ

土地の選び方、買い方いついて、解りやすく説明します。

ほとんどの方が、1回の取引で、

次にあるのは、却の時になります。

ですから、失敗はしてほしくないので参考にして下さい。

 空家 土地探し

 土地の選び方

 我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 

初めての家づくりで、土地と、建設会社選びどちらが

先になりますか?

ほとんどの方が、土地と答えます。

これが、失敗の始まりです。

予算がいくらでもかけられる場合は、土地が先でも構いません。

しかし、ほとんどの方が、一般的に4000万~5000万以内と

言われております。

借りられる額で資算して、例えば、総額5000万として、

先に土地、3000万 で、建築工事総額、2000万以内で、

何とかなるだろう。

という気がして、日常の生活より大きい金額なので、

金銭感覚が、少しくるいます。

土地に大半の予算をつぎ込むと、ご希望通りの家が、叶わなくなったり

家づくりがつまらなくなります。

土地選びをしていると、誘惑があります。

 誘惑に負けないようにするには?

まず土地を、初めて見に行きます。

いきなり、余ほどでない限り決めません。

何か所か、土地を案内してもらいます。

日当たり、使いやすさ、利便性、いろいろあります。

「100万プラスするとこっちが買えますよ」とか。

「今買わないとすぐ売れちゃいますよ」とか。

いろんなことを言われます。

予算オ-バ-の土地を買って、自然素材の家が建たなくなっても

我慢できますか?

建物の金額が解らないと、土地探しもしにくいと思います。

建設会社さんに行ってみる。

家の値段が解らないと、土地探しも予算に合うか解らないので、

お気に入りの建設会社さんの、約30坪くらいの総額の概算

の見積もりを聞く。

生活できるくらいの総額をできるだけ聞いてみて下さい。

「プランしないとわかりません」とか、

「土地が決まらないと解りません」などと

言うところは、そのようなケ-スで建てたことが無い会社さんです。

 私からの土地選定時のアドバイスは、

なるべく道路から土地の高さは、自分の膝くらいの高さ位だと

大がかりな外構工事にならなくて済みます。

高低差のあるところ、1.2M以上で、大谷石の塀があるところは

すべて、解体して新規で土留めの工事が発生します。

十分ご注意ください。

予算総額と、土地、建築工事の配分をよく検討して、

土地、建設会社さんを同時に進めていくことをお勧めします。

 

家を建てる時、土地を買う時、リノベ-ションするときにご参考下さい。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

資料リンク

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ