スタッフブログ

インフルエンザが猛威をふるっております

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2018/02/11(日) 社長のブログ

インフルエンザが猛威をふるっています。

うがい、マスク、丁寧な手洗い、加湿をしていてもかかる時は

かかります。

家の中での対策は、なにかあるのでしょうか?

というプログです。

木質化すると インフルエンザに罹患する確率が下がるようです。

木造の校舎と、鉄筋コンクリ-トの校舎での比較

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

デ-タ-を基に書きますが、鉄筋コンクリ-トの学校と、

木造、木質化している学校でのインフルエンザによる、

学級閉鎖率は、鉄筋コンクリ-ト校舎は、木造の約2倍にもなります。

このことから、木の調湿性が良いことが、あると思われます。

木は、空気が乾燥してくると、蓄えている水分を放出します。

逆に、湿気が多い時は吸収してくれています。

木造住宅は心を癒す

本物の木には、フィトンチッドと呼ばれる癒しの成分が

空気中に出されています。

これにより、ストレスの緩和があるようです。

また、視覚にも、優しく、無垢の床は繊維の中に空気があるので、

暖かいのです。

家の内装の木質化のすすめ

 どのような、工法の家でも、内装を木質化して、

木に囲まれた部屋づくりができます。

床は、無垢フロア-に張替したり、壁天井を木の板で

張る簡単方法があります。

こうすることで、木の調湿ができるようになり、また

フィトンチッドによる森林浴効果も家の中でできるようになります。

視覚にも優しく、ぐっすり寝むれたりもします。

いかがでしたか?

うがいや手洗いなどの対策はもちろんですが、家の中を、

木質化することにより、少しでも罹患しないように

できると思います。

木の力は、結構すごいです。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もできます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

 

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ