スタッフブログ

外装のメンテナンス

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/05/15(月) 社長のブログ

暑い日になりましたね。

小学校の草取りの影響が出て、筋肉痛です。

体が、まだ夏の体になっていないので、十分お気を付け下さい。

OBオ-ナ-様よりメンテナンスのご依頼がございました。

 外壁、屋根 (コロニアル)は、どうしても、メンテナンスが必要になります。

早いうちに、お手入れをして長持ちさせましょう。

メンテナンスの方法

外装メンテナンス 

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

外壁は、サイディングの場合は、継ぎ目のコ-キング、貼ってある板の

再塗装があります。

モルタル壁の場合でも、再度色付きの塗料でメンテナンスしていきます。

屋根ですと、瓦は、ほぼメンテ無しでいけますが、

漆喰のお手入れは必要になります。

カラ-ベストは、再塗装が必要です。

屋根の塗料でも、遮熱用というものがあります。

遮熱用塗料を使用することにより、夏場の暑さ対策に少しですが、

小屋裏(2階の天井の中)の温度が低くなります。

メンテナンスは、屋根、壁、ベランダを高圧洗浄機で洗います。

屋根は、中塗り、上塗り、仕上げ塗り

外壁は、サイディングの意匠をそのまま生かす場合は、

UVプロテクトクリア-による仕上げになります。

目地はコキ-ングを打ち替えて、サッシ廻りは(増しコ-キング)

このような内容をいつもやらせていただいております。

メンテナンスの時期

外壁を手で触ってみて、外壁の色が手についてきたらそろそろです。

コ-キングの目地をさわって、手についてきたら、ひび割れも

メンテナンスの時期です。

バルコニ-の床のFRP防水のトップコートも手についたら

メンテを考えましょう。

バルコニ-は、不具合があると雨漏りに直結するので、

プロに見てもらうことをお勧めします。

築後、10年~13年くらいにやると次回メンテを延ばせます。

判断に迷ったら信頼できるプロに相談してみてください。

コ-キングが切れていても、すぐに雨漏りはしませんので、

くれぐれも、訪問販売、不安をあおる業者さんにはお気をつけください。

いかがでしたか?

家のメンテナンスは、長持ちさせる場合にはどうしても必要です。

足場をかけるので、樋の塗り替え、軒天、破風なども一緒に塗装します。

目安の時期が来ましたら、プロに見てもらうことをお勧めします。

 

家づくりする際メンテの時に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ