スタッフブログ

住宅の標準仕様てなあに?

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2019/06/09(日) 社長のブログ

おはようございます。 

梅雨にはいりました。温暖化により1.4倍浸水確率なども上昇しています。

各社、家の仕様が異なり、標準仕様というものがあります。    

これから家を建てる人は、住宅会社の仕様に基づいて

ドアや、床の色決め、クロス選定をして進めていくと思います。

簡単に言えば家で使う商品のことです。 

 

標準仕様とは?

我孫子市で創業34年

W断熱と塗り壁で創る自然素材の家でゆったり暮らす

青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 青山都市建設 赤ちゃんも喜ぶ床材

ほとんどの住宅に内装標準仕様として使える商材が決まっております。

外から、屋根はコロニアル、板金屋根、瓦、外壁ならサイディング等、

床は、ベニアで作ったシートの合板フロ-リング ドアもシ-ト貼りの商品、

壁、天井は、量産ビニ-ルクロスで、提案されます。

ビニ-ルクロスと、合板フロア-が、当たり前になってしまっていて、

「今住んでいるとこと同じだから」と違和感なく、

「その他の材料を知らないし、考えたこともない」という

人もいます。

これが、標準なのです。

その他に無垢の床材、左官屋さんが仕上げる塗り壁、シ―ト貼りではない、木のドアがあります。

これらの商品は、ほとんどの建設会社では使われておりません。

新建材にはない、ちょっとした機能があります。

調湿したり、香りがしたり、空気をきれにする効果もあるので

住まい手さんは、よく調べて使えるかどうか確認してみたほうが

良いと思います。生活の質が変わります。

よく冬場の寒い時に窓ガラスがびしょびしょになっているのを、

見たことがあると思います。

ガラス面に温度差により結露が発生します。

ガラスの面だけでなく、アルミの枠も結露水でびしょびしょになります。

ほこりも一緒に、濡れて、乾いて溝にたまります。

これは、カビ、ダニの発生の原因にもなります。

サッシも断熱性能が良い商品も発売されており積極的に採用しています

樹脂サッシは省エネ効果もある。

樹脂サッシ工業会の実験によると、1980年頃の断熱性能、アルミサッシ

+単板ガラス (夏27℃、冬18℃で設定)

樹脂サッシ+ぺアガラスで比較

省エネデ-タを取ると、約年間¥90,000-節約

約40%電気代が削減できたというデ-タがでました。

長い目でみると断然樹脂サッシがお得です。

家に暮らすオ-ナ様の快適な生活の為にアトピ-、アレルギ-の原因、

建物の老朽化の原因になる結露は、厳禁です。

樹脂サッシはヒートショックも防ぎます。

住宅内事故ヒートショックで亡くなる方は、約19、000人。

住宅内の温度差が原因です。

これは、リビングだけ暖房して、廊下、脱衣室、浴室の急な温度変化

によるものです。

また、一命は取りとめたのですが、後遺症の方もかなり多くおります。

入浴前に、脱衣室、浴室を暖房器具で温めておく方法が、

一般的です。

冬場窓付近は、隙間風や、寒い空気の流れを感じる時があります。

コ-ルドドラフトです。家の中の暖かい空気と混ざり合うところです。

サッシを樹脂サッシや、内窓を付けたりするのも効果があります。

また、併せて、本当は断熱改修もすることもお勧めです。

浴室をお取り換えするときに、浴室内に断熱材を入れて、併せて、

脱衣室も断熱改修しますと大変良いヒ-トショックの対策になります。

毎年、ヒ-トショックの恐れのある季節が到来します。

サッシだけでなく、壁の中、床下、天井上の断熱材は、

外の熱を抑えたり、室内の保温をしたりする部材があります。

この材料を、正しく壁の中、床、天井への施工がきちんとできない

家が悲しいことにたくさんあります。

この材料が、正しく施工されていないと、新築でも、室内が寒かったり、

温度差がある家になり大変なストレスになります。

温度差がある家での生活は、健康寿命にも影響するデ-タも出ております。

最近では、「室内の温度が1度高いと、脳の神経が2歳若い」、

これは、痴呆症を抑制する効果もあるようです。

断熱工事で、防ぐことができるので、

新築、断熱リフォ-ムをするときには正しく工事できて、断熱材の

知識がある会社を選ぶようにしましょう。

いかがだったでしょうか

家を作る会社の標準的な仕様があり、その中で新建材の商品が

多数を占めています。無垢の床や塗り壁などたくさん良い商品が

あります。気持ちよくすごしていくには必要な商品ですので、

ぜひ調べてみて下さい。

残念なことに新築でも寒い家が本当に多くあります。

住まい手も、施工会社を選ぶ時には、

「長期優良住宅を施工できますか?」

「省エネ講習は受講済みですか?」と、

作り手の会社さんに聞いてみて下さい。

建てた後に後悔が無いようにこの言葉で寒い家に住むことを

未然に防ぐようにして下さい。

家づくりは、構造の強さ(耐震性)、断熱性、

作り手の相性で決めて下さい。

家づくりの際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

売却専門の不動産査定、独自の販売戦略・売却のスペシャリストがおります。

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火、オーパスの

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

物持ちが良く、高耐久、高耐震な家を創っています。

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

土地建物売買・賃貸管理・賃貸リフォ-ム

・相続対策・建築コンサル、お困りごと、

草刈り、空家見回り、空家管理、お気軽にご相談下さい。

 


資料請求 青山都市建設

記事一覧

1ページ (全22ページ中)

ページトップへ