スタッフブログ

住宅のサッシのことを理解しよう。

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/08/26(土) 社長のブログ

家づくりするときのサッシについて考えてみましょう。

住宅の性能に関係ないのではと、思われる方は、必見です。

だいたいこの個所は、大手ハウスメ-カ-の仕様の通りで変更ができません。

ほとんどの会社がアルミサッシです。

しかし、地場の工務店や、建設会社ではサッシを変更できます。

好きなサッシに変更したり、窓を増やしたりもできるのです。

住宅サッシ 樹脂サッシ

開口部の重要性

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 開口部 つまりサッシや玄関です。

ここは、家の中の熱や冷気が漏れていったり、外からの熱や、冷気が

入ってくる少し要注意なところなのです。

夏場は、太陽の光が入ってくると、温度がどんどん上昇していきます。

すだれとか、オ-ニングで日射を遮閉したりしています。

逆に冬は、室内の暖かい空気がサッシのアルミの枠や、ガラス面に当たり

結露を起こしたりもします。

つまり、熱の出入りが一番、家でするところなのです。

このサッシを取り替えることで大幅に省エネになります。

 

試しに掃き出しサッシを替えてみる。

よくリビングにあるアルミサッシで、ガラスが一枚入った背の高い窓を、

樹脂枠で、樹脂サッシ、ガラス2重、LOW-Eガラスにする場合。

この窓に限って、約半分位熱の逃げる量が減らせます。

このことから、開口部を替えると暖冷房効果も良くなります。

さらに光熱費も削減できるようになります。

サッシだけでこれ位削減できてしますので、

断熱改修もしてみると、もっと光熱費が削減できて、

冬の無暖房の部屋の温度が上がりますので、血圧が安定してきたり、

関節、腰痛が少なくなるお話もあります。

寒い家で我慢すればするほど、光熱費を無駄に払っているようなものです。

光熱費というものは、どの家にも付いてきます。

10年、20年と長い目で見るとものすごい金額になります。

この光熱費を新築の代金に充当して、高断熱、樹脂サッシ、太陽光

を乗せるとゼロエネルギ-住宅も可能になります。

新築を建てると、ヒ-トショックの削減、光熱費削減

暖かく、寒くない家での楽しい生活、血圧が安定するので医療費削減が

期待できます。

これからは、「賢く、省エネ」がキ-ワ-ドになります。

 家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・樹脂サッシ・

内側と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZHE・ゼロエネルギ―住宅になります。 

 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ