スタッフブログ

ちばもくセミナ- 29年度 地域型住宅グリ-ン化事業

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/05/13(土) 社長のブログ

毎月、行っている、JBNの連携団体ちば木造建築ネットワ-クの

セミナ-開催しました。

地域の工務店の為に、国からの旬な情報を、地域の工務店に

セミナ-の場をお借りしてお伝えしております。

 我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

 

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

本来なら、29年度の地域型住宅グリ-ン化事業の内容のお話を

したかったのですが、採択要綱などが発表になっていない為に、

29年度の参加表明のエントリシ-ト、要求棟数、自社の取引先登録など、

再度確認の意味で、お話させていただきました。

正式な発表後に、ご案内することにしました。

宅建業法が変わりますので、会員工務店の建築士の方へ、

既存住宅状況調査技術者の講習会受講のお勧めの

お話もさせていただきました。

いわゆる、インスぺクションです。

具体的な3つの内容です。

不動産事業者が、媒介契約時に既存住宅の検査のあっせんの有無。

重要事項説明時にその検査状況の報告をする。

売買契約をするときに、売主、買主が双方で内容を確認して、

書面を双方に交付する。

当社は、不動産事業もやらせていただいていますが、

自社の媒介契約した既存住宅は、検査することができず、

第三者の検査員にしてもらうようになります。

消費者の安心取引が一番の目標のようですね。

 

安心R住宅も夏以降どのような運用の仕方も具体化してくるそうです。

保険もつきますので、売主、買主も、宅建業者も安心です。

  

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ