スタッフブログ

深刻な、冬場のヒ-トショック

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2020/01/18(土) 社長のブログ

おはようございます。

雪でなくよかったです。

受験生がんばれ。

我孫子市で創業34年 W断熱と塗り壁で創る 

自然素材の家が大好きな 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

寒い時期に家の中で、暖房を使い始めると、

温度差が出てくるようになります。

冬でも夏でも、ヒ-トショックはあります。

暖かいところから、寒いところのへの移動時これからお多くなります。

エアコンが効いた室内から、外出する時にも温度差による体は、

ストレスを発しているようです。

例年12月から2月が急増しており、年間約17、000人の方が、

命を落としております。

30年前に建てた家と、今のエネルギ―基準の家との

家を暖かくする基準がものすごく違います。

ヒ-トショックをどう解消するかというプログです。

外構

ヒートショックを予防する

リビングが、暖房で暖かく、廊下、トイレ、脱衣室、浴室は、

寒いという事例で説明します。

まず一番いいのは、どこも同じ位の温度にする。

暖房器具使い脱衣室や、廊下につけて暖かくするようなことができれば理想です。

一番危険な、脱衣室に、暖房器具をおいて、お風呂に入る前に、

お風呂のふたをあけて、シャワ-で洗い場に床を暖め、

浴室の扉も開けておく、このような対策が手っとり早いと思います。

温度変化をなくすということが、体への負担軽減になります。

毎年、毎年、ヒ-トショックの危険があるので、温度差には

注意したいです。

浴室リフォ-ムをするときに断熱改修をする

次に、タイルのお風呂から、ユニットバスリフォ-ムするときに、

併せて、脱衣室も壁床を解体して、壁の中、床も断熱材を入れる。

もちろん、浴室の壁にも断熱材、浴室の基礎にも断熱材を貼って、

今の基準にしてあげます。

浴室にも、換気乾燥暖房機を付けましょう。

入浴前に、浴室の扉を開けておくと、脱衣室も温まります。

こうすることで、浴室と、脱衣室のヒ-トショックは低減できます。

床の断熱リフォ-ムをする

床下に入る、床下収納庫から、1階の床の下へ、断熱材を吹き付ける

簡単な方法もあります。

築年数が、古い家は、床下の断熱材が無いこともよくあります。

隙間なく断熱してあげることで、床のヒンヤリ感が大幅に低減できます。

窓が一番暖かい空気が逃げていきます

サッシの交換は、中の壁、外壁も壊して新しいサッシを取り付ける

方法が一般的で断熱効果もよくわかります。

 ただ、補修を伴う解体が発生しますので、少し大変な工事です。

一番簡単な、窓リフォ-ムは、内窓を付けることです。

今あるサッシの内側に、もうひとつサッシを付けます。

内側の壁、外壁も壊さなくて済みますので施工も簡単です。

断熱リフォ-ムすると光熱費がお安くなります

いままでは、石油スト-ブをたいても温度が20度以上にならなかったり、

スト-ブを消すと温度がすぐ下がったりして、天井は暑いのだけど

足元は寒いことがよくあります。

既存の住宅で、断熱がしっかり施工されている家は、

少ないので、これからの家は、住み継がれていく家なので、

このあたりも、家を計画する上で重要なポイントになります。

断熱リフォ-ムは、ポイントとすると効果はすぐわかります。

スト-ブは連続で焚かなくても、よくなります。

室内の温度低下もゆっくりなので、お身体にはとても優しく、

燃料費は、下がることでしょう。

工事のタイミングは、浴室交換、キッチン交換が同時にある時に

もしくは、既存住宅を買った後で、入居前に設備の入れ替え、

内装クロス工事、外装塗装などする時が断熱工事も併せてやる方が、

将来的にも光熱費が大幅に削減できることになります。

工事費用も、住宅ロ-ンにいれるとお支払いは別途お金を用意するより

割安感があります。

床下の断熱工事と、2階の天井上の断熱工事は住まいながらでも

短い工期で実施できます。

ある程度、断熱材が、しっかり納まってくると、気密性が向上します。

できれば、24時間換気システムを取り入れてほしいです。

リフォ-ムの場合は、熱交換機付きのダクトレスもありますので、

工事のバリエ-ションも豊富です。

いかがだったでしょうか

冬場の温度変化は、体には、けっこうなストレスになります。

まだまだ、ヒ-トショックによる住宅内事故はたくさん発生しており、

交通事故で亡くなる方より多いです。

また、住まいの温熱環境をあげて暖かくしてあげると、血圧も安定して

くるというデ-タもあります。

暖かい家に住むと、家族のストレスも大幅に低減されます。

光熱費も下がる、医療費も下がる。

こんな家づくりを私たちは提案しております。

家づくりする際に、お役立てください。

 

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補して保険にも入れます。

売却専門の不動産査定、独自の販売戦略・売却のスペシャリストがおります。

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火、オーパスの

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

物持ちが良く、高耐久、高耐震な家を創っています。

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

土地建物売買・賃貸管理・賃貸リフォ-ム

・相続対策・建築コンサル、お困りごと、

草刈り、空家見回り、空家管理、お気軽にご相談下さい。


資料請求 青山都市建設

記事一覧

1ページ (全24ページ中)

ページトップへ