スタッフブログ

ハウスメ-カ-との違い

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ

地域密着で営んでいる工務店はたくさんあります。

親子でやっていたり、家族でやっていたり、そんな工務店は、

ハウスメ-カに負けないくらい熱い思いで、家を創っています。

工務店、(建設会社)とハウスメ-カ-の違いって

何だか解りますか?

今回は地場の工務店について解説したいと思います。

 

地域密着でやっていること。

W断熱の家

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 

地場の工務店、(建設会社)は、地域で根ざし、

親子でがんばっていたり、何代にもわたって、地域密着で、

工務店(建設会社を)やっていることです。

昔は、家守りとして、なにかあると、工務店の棟梁に相談したもんです。

家を建てたり、直したり、どこが調子悪いから見てほしいとか、

自然と頼む流れができていました。

地域密着だと、いい工事しかできません。

手を抜いたりしたら、たちまちその地域で悪いうわさが広がり、

仕事がなくなります。

ですから、真面目に誠心誠意、良い仕事をしているのです。

一つ目の大きな違いは、地域密着で経営していることです。

担当者が変わらない 

会社の規模が小さい為に、ほとんどの場合、社長か、現場担当者になります、私の場合は、初めてのお打ちあわせから、工事着工~工事完了、そして

アフタ-サ-ビスもワンストップで行っております。

大手で良くあるような配置換え、転勤は有りません。

また、営業は営業のみをして、工事担当は、工事現場、アフタ-は、

アフタ-専門窓口対応となっているようです。

我々工務店は、地場産業で地域に根ざして仕事しており、また転勤は、有りませんので、安心して家守りをまかせてもらっています。

地場の工務店は、少数精鋭で、営んでいる場合がほとんどですので、

担当者が変わらない2つ目の大きな違いです。

 

営業経費が少ないこと

もちろん、少ない人数で動いていますので経費も低く抑えられます。

大手のHMのように、住宅展示場運営もテレビコマ-シャルも

やっていません。

豪華なパンフレットもありません。

これは、販売している住宅価格に運営費などの経費は全て

上乗せした価格になり、お客さまが負担をしております。

我々工務店の建てる家は、そのような経費は上乗せしておらず

純粋に建築費用にわずかな諸経費で完成しております。

家にかかっている金額が工務店の方が多くかけられていて

大手ハウスメーカ-より、遥かに安価なのです。

 

 

ハンド-メイド、手作り感がある

工務店の創る家は、大工さんの手間がかかります。

棟上げなども、1日で終わる場合や、立地により2日かかることもあります。

大手ハウスメ-カ-の家は、ほぼ完成している壁、間仕切りをトラックで

運んできて、組みたてして、大工さんがやることは木造在来より

少なく、技術の継承も問題になります。

一方、本物木の家は、上棟して、手作業で屋根を貼り、サッシを付け

1枚、1枚無垢の床板を貼りたり、大工さんは、数か月

ほとんど現場で作業しています。4つ目の大きな違いは、

手作り感が、随所にでてきて、世界で一つのオーダーメイドの家になります。

 

いかがでしょうか?

ハウスメ-カ―と、地場の工務店の違いを艦隊にご紹介いたしました。

イメ-ジだけ先行して、とんとん拍子に進めないで、地場の工務店にも

一度相談してみて下さい。

会社の規模はあまり関係なく、その作り手の社長の人柄をみて

相談して、判断してみて下さい。

 

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

青山都市建設の資料をご希望の方はこちらからご請求下さい。

 

記事一覧|2016年7月

ページトップへ