スタッフブログ

井野の家地鎮祭

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2016/11/19(土) 社長のブログ

建て替えの場合、解体工事が終わると、土地の神様に

新たに、家を建てますよとお知らせし、いやさかと、工事安全を

祈願します。今回は地鎮祭について簡単に説明します。

地鎮祭 祭壇

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 地鎮祭を執り行いました。

晴天に恵まれて、穏やかな日でした。

市内の、氏神の神社さんにお願いして出張祭典を

現地で、行います。

11月ということで、七五三と重なり、15時式開始になりました。

この地鎮祭の時に、オーナ-様は、神様にお願いすることと、

もうひとつ、確認することがあります。

確認申請通りの、1階部分の配置を確認します。

地面に縄が張ってあり、この時は狭いと感じられるオ-ナ-様もおりますが、

基礎が立体にできることにより、具体的になります。

話は、地鎮祭に戻りますが、式の途中に鍬入れの儀があります。

 

オ-ナ-様に実際に、

鍬で、「えい、えい、えい」3回砂山に鍬をいれます。

この時、大きい声でお願いしております。

次に、玉串奉納があります。

地鎮祭に参加している皆様奉納します。

玉串をくるりと廻して、祭壇に納めて、

それから、2礼・2拍手・1礼します。

参加者全員終わりますと、神様を送っていただきます。

式は全体で、30分位です。

地鎮祭の費用は、3万円からで、お供え物、竹も用意して

もらうことも可能です。

最近では、竹の取得が大変なこともあります。

地鎮祭をする時は、お建てになる会社さんに、

相談してもらうのが、ベストです。

地鎮祭のやりかたは、地域により変わりますので郷に従って下さい。

家づくりする上での最初のイベントですので

ご参考してください。

 

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

記事一覧|2016年11月

ページトップへ