スタッフブログ

中里の家 基礎着工

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/05/30(火) 社長のブログ

だんだん、蒸し蒸ししてきましたね。

気象庁の3か月予報は、夏は猛暑のようです。

工事現場の仕事は、過酷な時期に入ります。

休憩しながら、作業していきましょう。

基礎工事が始まりました。

基礎工事 やり方

 

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

地盤調査デ-タ―が、良好なので、地盤改良はしないで、

構造設計に基づいた耐圧盤の基礎で工事を始めます。

地盤が、軟弱ですと、改良後に基礎工事へと進みます。

長期優良住宅は、構造設計しますので、地盤デ-タ-に基づいて、

骨組みの構造計算、安全であるかのチェックがはいります。

地震に対する強さ、耐震性が、計算によりデ-タ化されますので、

口では言うのとは、異なり信ぴょう性があります。

長期優良住宅に取り組む会社は、技術力が高い

長期優良住宅は、構造に関すること、耐震性、断熱性能のこと、維持管理

など、ほかにもありますが、高い技術力があります。

国が定める、省エネ講習を受講して、断熱材の施工精度を、

高めたり、構造計算など、長期優良住宅の適合認定を

クリアする技術力があります。

建ててもらう会社の選定の基準に長期優良住宅ができるか?

これだけで、わかります。

固定資産税も、減額されます。

長期優良住宅は

住宅ロ-ン減税も、10年間で、最大500万 通常の家は400万

固定資産税も、5年 通常の家は3年

登記の登録免許税も、少しですが軽減されます。

地震保険が安くなります。

普通の家を建てる場合に比べて、たくさんのメリットがあります。

いかがでしたか?

長期優良住宅ができる会社は、高い技術力がある。

耐震性、断熱性の根拠となるデ-タ-がある。

税金がお安くなる。

安心して家づくりを任せるところを探してみて下さい。

中里の家は、上棟に向け基礎工事中です。(長期優良住宅です)

不覚にも、日にあたりすぎで少し熱中症ぽいです。

気をつけましょう。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

記事一覧|2017年5月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ