スタッフブログ

家を建てる時のお金の話

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2019/12/27(金) 社長のブログ

おはようございます。

1年は、あっという間に過ぎていきますね。

家を建てたい、土地から買って家を建てたい方は、

参考にしてみて下さい。

12/28日土曜日から、1月5日 日曜日まで

冬期休業させていただきます。

1/6月曜日より、メ-ル、FAXの変身対応いたします。

何卒宜しくお願い致します。

では、本題に入ります。

家を建てるときの予算配分は、土地から購入の場合と、

建て替えの場合では、家にかけられる金額が大きく違います。

無理のない予算計画を応援します。

土地から買って土地建物を銀行ロ-ンを組む時には、

少しポイントがあります。

家づくりの予算計画(お金の話)はどうなっているか

というお話しです。

 

キッチン 青山都市建設

家の予算の計画で注意すること

我孫子市で創業34年

W断熱と塗り壁で創る自然素材の家が大好きな

青山都市建設 代表の 足立 剛です。

土地からの購入の場合は、新築する家をどんな家にしたいか?

具体的に描いていること。

自然素材の家が建てたいと思う方は、最低でも家には2500万位の

予算配分を考えておくことです。

土地の価格、仲介手数料、登記の費用など、細かく、

総額を予算化しておくことが大切です。

土地探しの場合は、建てたい建設会社、工務店にも、探している最中から、

建物の相談をしておくとスム-ズに見積もりなど対応できます。

土地探しも、家づくりもワンストップで、相談しながら進めるという

ことが土地から探す家づくりの成功の秘訣です。

建替えの場合の進め方

建替えの場合は、解体工事、仮住まいを探すこと、

2回の引っ越し作業が発生します。

土地があるので、家には予算がある程度かけられると思います。

解体工事 土地が50坪位で道路面の外構解体、家の解体で、

だいたい150万位~になると思います。

外構の予算取り、仮住まいの期間分の家賃など配分しておくことです。

外交の予算どりをしていないで住み始めると、車の出し入れで道路を土で、

汚したりして、近所に迷惑かけたり、アプロ-チが土だと、雨が降った

時には、きれいな玄関が汚れて大変です。

そのほか注意することは?

土地からの場合は、住宅ロ-ンで土地建物を組む場合には、土地契約後に

1カ月から2か月位までに金消契約をして土地代金を支払いして、

建物の契約、建築確認を降ろさなくてはなりません。

建替えとでは、ここが異なるところです。

ロ―ンの申し込みに建築確認済証が必要になるからです。

短くて1カ月で建築にプランができるでしょうか?

これは大変な作業で、土地を探し始めたころから建築屋さんにも

お声掛けしてプランを少しずつ進めていきましょう。

土地を探している時で、高い塀、(2M超える)

高低差のある土地、(階段であがっていくようなところ)

接道している道路巾が4M未満

道路中心からお互い下がって4Mにします)                                  

市街化調整区域の宅地でない土地(原則・家は建ちません)

高低差のある土地の上がっている塀の高さも2M以上で、

工作物の検査済証が無いと原則建築できません。

道路も、原則4M幅の道路に敷地が2M以上付いていないといけません。

こんな土地も堂々と売られているので注意が必要です。

家の性能

家の性能は、あんまり気になさらない方が多いように感じますが、

省エネの家は、大手だからできるわけでなく、展示場でわかるように

エアコンが5台もあるような家も省エネなのですか?

正しい断熱施工ができるか、知識があるかどうかも確認しないといけません。

これからの季節、玄関に入るだけで、

断熱性能が良いかどうかもわかります。

玄関を入って顔がほんのり暖かく感じます。

当然暖房はしていません。

玄関がヒンヤリしている家は、隙間多く、

断熱性能が悪い家だと解ります。

断熱に費用をかけていくと、住み始めてからの、

光熱費がだいぶお得になります。

5万円も光熱費お支払いしている方も多くおります。

同時に、毎年来る冬場の温度変化による、ヒ-トショック

コ-ルドダメ-ジを受けることなく穏やかに暮らせる家になります。

いかがだったでしょうか

おおざっぱに、

家を作り始める時の予算計画、土地の探しの方法、

いい土地の見極め。プランを急ぐ意味、いい家の感じ方を、

お話しました。

素敵な、造り手に出会えるとほぼ失敗なく

進めることができるとおもいます。

新築で、長期優良住宅などの場合は、国からの補助金があります。

家づくりする際にご参考にして下さい。

 

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補して保険にも入れます。

売却専門の不動産査定、独自の販売戦略・売却のスペシャリストがおります。

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火、オーパスの

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

物持ちが良く、高耐久、高耐震な家を創っています。

 

 標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

土地建物売買・賃貸管理・賃貸リフォ-ム

・相続対策・建築コンサル、お困りごと、

草刈り、空家見回り、空家管理、お気軽にご相談下さい。

記事一覧|2019年12月

ページトップへ