スタッフブログ

既存住宅もまだまだ使えます。

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2018/02/06(火) 社長のブログ

物件の使い勝手が良く、間取りがお気に入りで壊すのに、

ためらう場合でも、(傷み具合にもよりますが)

既存住宅(中古住宅)もお手入れすればまだまだ使えます。

というプログです。

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

既存住宅の探し方

ほとんどの場合は、インタ-ネットで検索して、資料を

メ-ルで受取、そのあと、実際に現地に行ってみる。

このような感じです。

初めての場合は、とんとん拍子に進んでいくこともあり注意が必要です。

大事なことは、住みたいエリアを絞って、家にいくらくらいまで出せるか?

ここがポイントです。

今の家賃+駐車場は、この支払いはできますよね。

最大の借入額→月いくらの支払いが可能か?

これでロ-ンを組むと、家のことで大変になります。

お金のお話は、先にしておきましょう。

あと、実際に、昼間と、夜駅から歩いてみて下さい。

たまに様変わりしている場合もあります。

昼間の人通り、車通り、夜も見て下さいね。

 比較的築浅の物件を探す

なるべく築浅の既存住宅を探して下さい。

平成の物件です。それでも、平成元年は30年経っています。

昭和56年(1981年)以降の物件は、旧耐震ではなく

ある程度、基礎も、構造もしっかりしております。

平成12年(2000年)には現行の耐震基準に変わってきています。

物件の築年数と、確認申請書があれば解ります。

でも、とてもわかりにくいので、不安です。

どうすればよいでしょう。

信頼できる所で探す

近所の、地元でやっている個人の不動産屋さんに行ってみて下さい。

何十年も地域に根差して営んでおりますので、変なことはできません。

あとは、建築のプロとのパイプがあるか聞いてみて下さい。

簡単な方法は、ある既存住宅をご覧になって、キッチン、浴室、トイレ

室内の断熱改修工事、外装のお手入れの見積もりを出してくれるか?

パイプがあれば出してくれます。

その費用は、物件の価格と改修費をロ-ンに組み込む

そのような提案ができるところで探すのが失敗しないコツです。

いかがでしたか?

すごく簡単に大まかな探し方と、コツを足早に説明しました。

既存住宅は、現在賃貸マンションにお住まいの方は、そのまま

断熱改修することなくご入居されると、間違いなく、寒いので

体の不調が現れます。

お手入れの費用を住宅ロ-ンに組み込む、そしてインスペクション

して、保険を付けてもらう。

これが、新しい既存住宅の買い方です。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もできます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ