スタッフブログ

住宅の寒さ対策

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2018/11/06(火) 社長のブログ

住宅の断熱基準が大きく変わってきております。

きちんと断熱された家は、外の気温が低い時には玄関に入ったときにから

暖かさを感じます。

これが、最新の家づくりなのです。

では、どんな会社で建てればいいのでしょうか?

断熱でこだわりがある会社

自然素材リビング 青山都市建設

我孫子市で創業33年

W断熱と塗り壁で創る自然素材の家でゆったり暮らす

青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 いろいろな建設会社さんがあります。

簡単にヒアリングしてみて下さい。

まず、断熱材のことを聞いてみて下さい。

グラスウ-ルから、セルロ-スファイバ-、ポリエチレン、などなど

いろいろな種類があります。

これらの断熱材は、どこの会社さんでも材料はそろえることはできます。

しかし、どんな良い断熱材でも正しい施工方法を知らないと、

断熱材の性能がフルに発揮できません。

正しく施工ができる見極め方は?

一番簡単に見極める方法は、長期優良住宅が設計、施工できるという

ことです。

建設会社さんへの聞き方はこうです。

「長期優良住宅で建てられますか?」

「できますよ。」そして、メリットの説明をしてくれます。

できない会社さんの言いわけは、

「工事におカネがかかりますよ。」

「工事期間が延びますよ。」

「申請が大変ですよ~」

だいたいこのようなことを言ってやりたくない、

理由を並べます。

できる会社さんは、そこから断熱材の正しい施工の仕方や、

室内の温度差の危険とか、長期優良住宅で建てた場合の優遇策をお話してくれます。

登録免許税が優遇とか、年末ロ-ン残高の1%が借入5000万まで可能とか、

地震保険がお安くなるとかお話してくれます。

では冬場の対策はどのようにしていけばよいでしょうか?

正しく断熱施工ができると、家の断熱性能があがります。

まだまだ、正しく施工できない会社も多くあります。

正しく施工できる会社と、できない会社は、工事見積もり金額は

同じで良いのでしょうか?

同じではいけません。

 室内の温度差があると、ヒ-トショックがおこったり、ダニ、カビの発生で

健康までおびやかされます。

お客様は、当然正しく施工してくれると思いその会社に頼むのですが、

結露が生じたり、玄関が寒かったり、温度差をを感じることが多くあります。

心配でしたら、長期優良住宅のほかに、「省エネ講習受講済みですね?」と

聞いてみて下さい。

受講済みの人は正しく断熱材が扱える証です。

いかがでしたか?

正しい施工方法で、家の断熱工事をいていない場合は、

壁の中で結露が発生していたり、木材が結露で腐ってきたり

しているケ-スがあります。

この場合、建物の寿命やお客様の健康にも影響してくることなので

正しく施工してくれる会社さん探しはとても大切です。

「長期優良住宅できますか?」と「省エネ講習受講済みですね?」

この2つの言葉で、試してみて下さい。

家づくりする際に、お役立てください。

 

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火、オーパスの

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

物持ちが良く、高耐久、高耐震な家を創っています。

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

賃貸管理・賃貸リフォ-ム・相続対策・建築コンサル、お困りごと、

お気軽にご相談下さい。

資料請求 青山都市建設

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ