スタッフブログ

自然素材の家の値段

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/04/11(火) 社長のブログ

自然素材の家は高いですよ~。

無垢の床材は高いですよ~。

本当によくそのように言われますが、実際どうなのでしょうか?

 

わずかな差額で、自然素材の家になる。

室内 珪藻土塗り

 

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

自然素材の、値段を聞いただけで、あきらめないで下さい。

新建材の家と、自然素材の家の差額が、300万とします。

金額だけで判断すると当然に高いです。

床材は、素材の温かいので、はだしで過ごせたり、夏場はからりと

しています。

一緒に、住んでできた傷は、思い出になり、フィトンチッドの発生で、

リラックス効果が知らない間におこっていたり、

新建材には無い機能がたくさんあります。

この差額は、長い目で見ると決して高いとは言えないのです。 ・自然素材は耐久性がある

新建材の床と、無垢の床材はどちらが物もちがいいでしょうか?

答えは、本物の材の無垢の床です。

新建材の床材は、張替えありきで作られています。

無垢の床のように、経年劣化を楽しむことはできません。

かえって、みすぼらしくなっていきます。

剥がれや、へこみは、直すことはできません。

無垢に床は、古くなればなるほど、いい味がでてきます。

また、多少の傷は、蒸しタオル+アイロンで直せます。

これは、木の繊維が、膨張をして、元に戻るんですね。

素材が生きているからできるのです。

無垢の床は、結果、耐久性があります。

手で触れるところは、自然素材で。

室内空間は、できるだけ自然素材で創ると、

気持ちよく過ごすことができます。

気持ちのいい理由は、

床の足さわりがいい。

年間を通じて気持ちいい。

空気感がいい。

深呼吸できる。

いやな、においがしない。

嫌な臭いがしないは、結構重要なポイントになります。

臭いの発生源は、ほとんどが新建材から出ているものです。

あんまり、かぎたくはない匂いです。

子育て世代の方には、十分注意していただきたいところで、

小さいお子様には、かがせたくない匂いで、そうゆう空間の

空気は吸いたくないと思います。

住宅の高気密化により、空気が外に漏れにくく、

なってきております。

だから、空気対策は重要なポイントになります。

素材の選定には、信頼できるプロに相談してみましょう。

いかがでしたか?

自然素材には、新建材で作られる家よりも、付加価値があり、

経年劣化を楽しんでもらって、素材への愛着が生まれます。

素材により室内の空気環境がよくなります。

自然素材には、

新建材の差額以上、自然素材のデメリット以上の良いことがあります。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 


資料請求 青山都市建設

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ