スタッフブログ

空き家の流動化政策

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/10/16(月) 社長のブログ

築年数が経っている、お住まいで、住まなくなってしまったり

している場合や、大切なお住まい、思い出が詰まったお住まいを

どうするか?

どのような対応方法があるか?というプログです。

空き家対策

そのまま、現状で売却する。

 我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

お手入れが、行き届いている物件で、注文住宅で建てられた場合は、

骨組みはしっかりしているはずなので、そのまま売却も可能です。

注意は、昭和56年(1981年)5月31日以前の、

建物の場合は、法整備で、耐震の基準が変わり時ですので、

わかるのであれば、建築年月日を確認しましょう。

登記の新築日のお日付ではありません。

3000万の控除を受ける場合は、耐震リフォ-ムをして

買主に渡すことが条件になります。

ここが、皆さんネックになるところです。

立地条件よくて、まだ直せば使用できる感じで、

気にいってくれて買ってくれる方がいれば、工事を実施する価値はあります。

この物件の場合は、工事が、難しいので、建築のプロに相談も、

必要になる案件になります。

新しいオ-ナ-の方にも、断熱改修、サッシ全交換、玄関ドア交換、

外壁やり替え。

屋根が瓦なら、漆喰の取り直し、その他ですと

塗装のやり替えなど勧めます。

水回りのキッチン、ユニットバス、洗面化粧台、トイレ、の全交換。

外部の汚水枡の交換、コンクリ-ト製品から塩ビ品に。

内装工事、床、壁 内装ドア、和室の建具、畳交換などします。

この工事費も、住宅ロ-ンに組み込んで計画をたてます。

売主のオ-ナ-様も、買主のオ-ナ-様もウィン、ウィンになります。

更地にして売却する

建物の傷みが激しく、もう次の住まい手にに託せない場合は、

建物を解体して、更地にして売却する。

擁壁などある場合、次の住まい手がすんなり建てられるように

してあげて下さい。

もしくはこの制備費を売却価格から値引きしてあげたりもします。

また、境界杭などがない場合は、確定測量をしてください。

もし測量せずに現況販売してしまい、買主が測量を後でして、

登記簿と、現況の面積が違いすぎていると、売買後にひと悶着があります。

それらを避けるためにやっておきましょう。

賃貸にして、活用する。

建物が、まだまだ使用できる状態なら、近隣家賃相場等、需要、

など、相談して、賃貸にして家賃収入を得る。

いろいろなケ-スがあって、賃貸にお住まいなった方が、

ちょうど、住まいを探してして、売客のお話しをしたら、

とんとん拍子お話が進んだケ-スもあります。

また、少し投資が大変ですが、用途を変更して、シェアハウス、

デイサ-ビスの施設にすることもあります。

税金のこともからみますので、不動産と、建築のプロに相談しながら

検討しましょう。

地方に限らず、都市部も売れにくい場所もあります。

例えば、地方で、過疎化が進んでいる所が、(田舎が、)山間の集落であると

仮定します。

この場合ですと、買い手がつかないケ-スも多くあります。

更地にしても売れないということもあります。

そこのまわりの人口が少ないから仕方無いのかも知れません。

山間、農村が好き方に移住していただければ問題は解決しますが、

需要がまだ多くあるわけではありません。

一方、千葉県の例で言うと、駅に近いところの住宅地

10分~15分圏内は、これは買い手が付きます。

しかし、少し駅から離れると、価格を下げても、売れないところも

あります。

通勤に電車を使う方は、駅近を検討しますが、価格もそれなりにします。

広い敷地がほしいとか、庭で畑をしたり、車いじり、子供さんのプ-ル

通勤は、車、色いろいろな目的を持った方がいます。

しかし、空家対策は始まったばかりで、課題も、運用する問題も

まだあると思います。

法整備がようやく整い始めて、施行されますが、

きちんとした、ストック住宅はまだまだ時間がかかりそうです。

 お困りの際、家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査も診断でき、不具合を直せます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になります。 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ