スタッフブログ

家のメンテナンス

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2018/06/24(日) 社長のブログ

OBのオ-ナ-様をはじめ、家のメンテナンスをたくさんやらせて

いただいております。家は建てて終わりでなく、計画的にメンテナンスして

いくことにより、家の耐久性も維持できるということです。

屋根の塗装、外壁の塗装、コ-キング、バルコニ-の防水

家の、耐久性に関わるメンテナンスですので、金額も大事ですが

信頼できるプロにたのみましょうというプログです。

新築から10年位でメンテナンスの予定をしておきましょう。

我孫子市で創業33年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

家は、メンテナンスしていくと、住み続けていけます。

ノ-メンテでも、20年超は外観を気にしなければ

持つかもしれませんが、注意することがあります。

外壁目地のコ-キングのやせで、外壁の継ぎ目の部分の小口が

露出してくる。

こうなってくると、冬場によくあることは、この小口から水分が

外壁にしみこんで、外気温が下がったりすると凍害を起こし

板が割れたりすることがよくあります。」

外壁材が同質のものがあればよいのですが、仕様が変わって

なくなっていることもあります。

こうなると、貼り替えや、柄の異なる外壁を貼ることになります。

あとあと、メンテナンス費用を抑えていくには、新築して10年から、13年位で、

適時にメンテナンスをしていくと傷みが少ないので費用も抑えられます。

工事してもらう会社の探し方は?

個人の塗装屋さん、建てた建設会社、訪問販売、など

いろいろな会社があります。

建てた会社さんに、お願いするのが一番良いのですが、

そうでない場合で、見積もりを取る場合は、

建設業許可を持っている会社か?

建築士か?

家のインスペクションができる人か?

地元で実績がある会社か?

この中で、一番は、地元に根ざして地域蜜着で営んでいるかが

一番のポイントになると思います。

我孫子市リフォ-ム補助金など。

我孫子市内にお住まいの方は、市の補助金を使うことができます。

今お住まいの家のお手入れする費用の一部を補助する制度で、

メンテナンスの際に1回だけ使える制度です。

簡単な手続きですので、工事するところで申請してもらって下さい。

当社も補助金が使える会社のひとつです。

また、我孫子市に転入して住み始める方も住宅所得補助金があります。

いかがでしたか?

リフォ-ム関する補助金も、いろいろありますので各お住まいの地域の行政にお尋ねください。

工事のポイントは、地域密着で、補助金申請をめんどくさがらず

やってくれる信頼できるプロを探しましょう。

メンテナンスや家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

ホ-ムペ-ジはこちら→https://www.aoyamax.com

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

 

 標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ