スタッフブログ

地盤改良も工事のやりかたが、たくさんあります。

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ

住宅を建設するときには、地盤がどのようになっているか

調査して、軟弱であれば地盤補強をするようになります。

地盤改良工事には、さまざまな工法があります。

ただ、注意しないといけないのは、将来万一売り出す時に、

工事の材料により、土壌汚染など問題が生じる場合があります。

 

我孫子市で創業33年

W断熱と塗り壁で創る自然素材の家でゆったり暮らす

青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 地盤改良 ハイスピ-ド 工法

表層改良

地盤の表層部だけ緩いところは、センメント系の硬化剤と土を混ぜて

硬い人工地盤を作ります。

柱状改良

こちらもセメント系の材料で土の下の支持層まで60センチくらいの丸い柱を作り建物をささえます。

六価クロムなど含む場合があります。

鋼管杭

地盤面下の支持層に鉄の杭を繋ぎながら差し込んでいきます。

径が細いので本数も多くなります。

 当社一押しの、地盤改良工法は、ハイスピ-ド工法

採石を利用した杭工法で、東日本大震災時液状化にも効果がありました。

液状化を防ぐ、杭が地下で折れない、自然の砂利を使用するなど

環境に優しいエコな工法などが、主な特徴です。

ほとんどのお客様がご存じないのが、土地の評価時に、土壌汚染、

埋設物の有無のチェックがあります。

万一該当するとその浄化費用や、埋設物の撤去費用が差し引かれて、

評価される場合があります。

天然の採石を使用しており、土壌汚染、環境破壊、の心配は、

ありません。また、再度建て替えの時には、同程度の大きさであれば、

再利用可能です。

地盤の悪いところは、地下水位が、低い個所が多いので、液状化現象が、起こる時があります。

採石の杭なので、万一の時には、この砕石の中に、水が含まれて、

水圧を逃がす効果があり、建物を守ります。

地盤調査で、改良工事が出た方、建物、家族を守る 環境に優しい工法で

検討してみてはいかがですか。

 いかがだったでしょうか?

いろいろな工法がありますが、将来のことを考えますと、安心な

地盤工法をお勧めしています。

判断に迷ったら信頼できるプロに相談してみて下さい。

 

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火、オーパスの

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

物持ちが良く、高耐久、高耐震な家を創っています。

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

賃貸管理・賃貸リフォ-ム・相続対策・建築コンサル、お困りごと、

お気軽にご相談下さい。

 

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ