スタッフブログ

2018年の4月から不動産売買の、賃貸の説明事項が変わります

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/10/28(土) 社長のブログ

既存住宅の売買は、建物の状況調査して、新しいオ-ナ-様に、

説明することはわかっておりましたが、ここにきて、

賃貸物件の契約まで有りとは、把握していませんでした。

アパ-トや賃貸マンションンのオ-ナ-チェンジの時の、

売買時は必要だと思いますが、今の状況の調査は必要になってくると

思われます。

 土地取引 建物取引

 我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

インスペクションとは?

簡単に言うと、建物の今の状態を点検して、雨漏りとか、床下の状態、

シロアリの食害、床の傾斜、外壁のひび割れ、内部の壁のひび割れ

外壁のコ-キングの状態、基礎のひび割れなど、劣化状況を、

目視で調査します。

劣化状況を買主のオ-ナ-様に重要事項説明をして、補修部の把握し、

補修費用の把握もでき

売主、買主双方で確認します。

消費者目線に立った法改正になります。

この調査は、有資格者、既存住宅状況調査技術者が行います。

 売主さんは、2年の瑕疵担保を見ないといけません。

劣化の部位や、ひび割れ部位を説明しておくと、

その部分は免責になります

瑕疵担保保険もかけることができます。

ただし、

既存の建物の年数にも制限があります。

昭和56年5月31日以前は、対象になりません。

以降の物件が新耐震基準で建てられているものが対象になります。

基準以内であれば、補修工事なしで、保険適用ができ、

インスペクション検査で、指摘事項部位を補修工事することで、

瑕疵担保保険がかけられます。

保険がかけてあるので、万一の時は、

売主のオ-ナ-様も買主オ-ナ-様も不動産業者も安心です。

個人的には、古い物件で少し直してお使いになる場合は、

あとあとのこと考えると検査をお勧めしております。

インスペクションの有効期間があります。

既存建物調査して、売買まで、1年以内という規定があります。

売却できない場合は、再度調査が必要になります。

2018年明け頃に、既存住宅をオ-ナ-様よりお預かりした場合は、

インスペクションをする場合は、しておいた方が良いと思います。

駆け込みで、検査の予約がいっぱいになります。

いかがでしたか?

宅建業法改正で、売主のオ-ナ-様に、制度説明をして、

検査業者のあっせんをして、既存住宅の検査をして、契約時にその内容を、

売主、買主双方で確認という改正点です。

ただ、強制ではありません。

しなくてもいいのですが、消費者目線ですと、インスペクションしてあるほうに行ってしますとおもいます。

検索のときに対象から外されてしまうこともあると思われます。

消費者保護の観点の改正ですね。

 

中古住宅売買、アパ-ト売買の際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

現在、2代目社長が奮闘しております。

厳選した紀州材の構造材、自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減します。 

 

 

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ