スタッフブログ

住宅の地震対策部材

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/01/21(土) 社長のブログ

耐震部材の選び方

地震大国日本で、家を建てるときに、耐震補強を

お勧めしています。

今回は、耐震について解りやすく説明します。

 静震部材

耐震とは?

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

地震に強い家づくりは、メ-カ-問わず必須です。

長期優良住宅ですと、耐震等級の3か2を求められます。

できるだけシンプルな間取りの方が、耐震等級3は取りやすいです。

あまり構造材のことを考えずにプランするとなかなか、等級3は

取りにくくなります。

大きすぎる吹き抜けなどは特に注意が必要です。

 

プランは、一度信頼できるプロに見てもらって

いけそうなら、大きさ、間取りを変えずに再度練りこんで、

肉付けして下さい。

耐震部材には、商品ですとダイライト、制震ダンパ-、制震金物など

多くあります。

木造在来軸組みで、良く言う木造の家に、外壁廻りに

ダイライトを貼ります。

木造軸組みの弱点を、補うのが、このやりかたで、

板を貼って、面で支えます。

 

さらに、ダンパ-等の制震部材を配置して揺れを低減したり

する方法があります。

いろいろな、部材がありますので、プロと相談の上

選定下さい。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ