スタッフブログ

地場の工務店とハウスメ-カ-

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2019/02/04(月) 社長のブログ

家を建てるときには、ネットで検索して、建設会社の

HPを見たり、住宅展示場に行くのが最初かなと思います

地場の工務店にしようか?

ハウスメ-カ-にしようか?

迷う人も多くいますね。

どちらで建てたほうがお得か?

幸せになれるか?

また、体に優しいか?

分かりやすく解説します

*土地は、購入済み、建て替えの場面でのお話です。

地域密着でやっていること

地盤工務店 青山都市建設

我孫子市で創業33年

W断熱と塗り壁で創る自然素材の家でゆったり暮らす

青山都市建設 代表の 足立 剛です。

家づくりをするときに作り手が、地域に根差して営んでいること。

地場の工務店は、真面目に取り組んでいる人がほとんどです。

手抜き工事などした日には、すぐにうわさが広がり、

商いができなくなります。

ハウスメ-カ-のように業績不振の場合は営業支店を閉めてどこかに行ってしまうケースもあります。

地場の工務店は地域に根差しているので、そのようなことはできません。

工事を頼むメリット、デメリット

まず、ハウスメ-カ―は、大企業なので安心感がある。

住宅展示場があるので、空間のイメ-ジしやすい。

デメリットは、地場の工務店より相当、高価だということ。

地場の工務店の場合

デメリットは、

展示場が無い。

豪華なパンフレットが無い。

CMをしていない。

会社が小さいので信用が乏しい。

一方メリットは

ハウスメ-カ-より格段に安い。

規格住宅でなく注文建築で手作り感がある。

作業している職人さんと相談しながら決めていくことができる。

社長と話しながら家づくりができる安心感がある。

社長が現場監理していることが多いので安心。

パ-スなど多用して分かりやすく説明してくれる。

これらのことをまとめると。

ハウスメ-カ-は完成した家イメ-ジがつかみやすい。

でも、工務店より3割近く高い。ということになります。

地場の工務店は担当者が変わらない。

工務店経営者は、地域密着でやっているので、

転勤など無く、建てた家のことを生涯にわたって見守ります。

ハウスメ-カ-は、必ず転勤、移動があります。

担当者不在で、たらいまわしとかよく聞きます。

ハウスメ-カ-は、

家づくりを産業として、儲ける手段になりつつ、

地場の工務店は家づくりを生業として営んでおり、

家づくりの考え方のスタンスが大きく異なります。

 地場の建設会社工務店は、経費が安い

ハウスメ-カ-は、地場の工務店の3割ほど高いと言いました。

なぜ高いかは、広告宣伝費、展示場運営費、豪華なカタログ、

パンフレットTVのCMに充てられる費用が必要だからです。

この費用も、会社のブランドイメ-ジ代金も、

住宅の価格に上乗せされています。

地場の工務店は、少数精鋭で設計、現場監理、アフタ-サービス、

打ちあわせをほとんど1人で全てをこなします。

だから、経費が少なく、家の方に多くお金をかけられるのです。

ブランドが大事な方は、ハウスメ-カ-で。

手作り感があって、自然素材が好きだという方は、

地場の工務店のほうがしっくりくると思います。

工事している方は、どちらも、同じ専門工事店です。

ただ、ハウスメ-カ-の大工と、地場工務店の大工は、

仕事の質と仕事にかける情熱、木の扱い、匠の技術は、

地場の工務店の方が得意のようです。

いかがでしたか?

ハウスメ-カ-と地場の建設会社どちらが

お客様の身になって親身に相談してくれそうですか?

自然素材が好きな方、空気環境が良い家が良い方は、

地場の建設会社をお勧めします。

長期優良住宅や、認定低炭素住宅、ゼロエネルギ-住宅、ZEHなど

国の補助金制度をよく知っているところは、

まず技術的にもハウスメ-カ-に太刀打ちできます。

省エネルギ-基準をクリアしていることも大切な条件ですので

提案を受けている家が適合しているか確認が必要です。

瑕疵保険も全棟、必ずかけていますので万一の時でも安心です。

幸せな家づくりを応援しております。

家づくりの際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

売却専門の不動産査定、独自の販売戦略・売却のスペシャリストがおります。

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火、オーパスの

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

物持ちが良く、高耐久、高耐震な家を創っています。

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

賃貸管理・賃貸リフォ-ム・相続対策・建築コンサル、お困りごと、

草刈り、空家見回り、空家管理、お気軽にご相談下さい。

 

 


資料請求 青山都市建設

記事一覧

1ページ (全21ページ中)

ページトップへ