スタッフブログ

家を建てようと思ったら、何から考えますか?

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2019/06/04(火) 社長のブログ

おはようございます。

だんだん、春から梅雨の季節に移ろうとしており

むし蒸しの嫌な時期に突入です。

家の造りかたでこの暑さも快適にも過ごすことができます。

住みたい場所・駅からの距離・廻りの環境、保育園、小学校など

いろいろ考えます。

今回は、土地から探して、新築していく流れをご紹介します。

家づくりの情報を集める。

  二階の多目的ル-ム

我孫子市で創業34年自然素材の家でゆったり暮らす

青山都市建設 代表の 足立 剛です。

まず、家づくりが初めてで、皆様がやってきたことは、

ネットで検索して何をやるか調べることです。

これは、誰でも必ずやっています。

どうやったら家が建つか?

どこに暮らそうか?

「広い庭がいい」、「リビングで、パーティ」がしたいな。

庭で、バ-ベ-キュ-したい。いろいろあるお思います。

まず大事なのは、その家でどのような暮らしがしたいか

そこから始めましょう。

まず住宅展示場に行くと、営業攻勢にあいます。

ハウスメ―カ―の営業マンの言いなりで家づくりがどんどん進み、

その住宅会社の理想の家が、建ってしまいます。

イメ-ジをつかむために展示場に見に行く

アンケ-トに答えないそして、お断りする勇気が必要です。

 

カタログや、資料はもらえるので、収集する。

イメ―ジと平行に、情報の整理をして理想の家とは、

自分たちの求める家はどのような家かを検討していくといいと思います。

 

次に大事な資金計画です。

総予算を知ること。

1・自己資金がこれくらい。

2・無理のない返済計画 

  毎月、家に使える金額・例えば今の家賃+駐車場代+α

3・自己資金+借入金額

これが、家づくりでかけられる総予算になります。

総予算を基に、建物の大きさを決めてしますと、必ず予算オ―バ―します。

これが決まってくると、土地はいくらくらいまで、

建物いくらまで、諸経費いくらくらい。

大枠が決まってくると、土地を探していきます。

家を建てる時にかかる諸費用も忘れがちです。

これらは、現金で支払いします。

土地を買う時の仲介手数料

土地の登記費用 所有権移転

固定資産税の精算

土地の価格の約8%位が諸費用の目安になっております。

土地探しをする

土地がないと、当然、建物が建ちません。

だからと言って、あせって土地を先に決めてしまうと、

理想の家が建たない場合も良くあります。

土地を選ぶ時にいくつかの注意事項があります。

その土地のロケ-ション。

利便性。駅から何分?

治安、雰囲気。

災害に強いか? 水害、がけ崩れの恐れはないか?

道路からの高低差がある。高台である 

腰より高い大谷石のブロックがある(これは、十分注意して下さい)

高い擁壁がある。

(2M以上は工作物検査済証が無いと建築確認がおりません)

がけがある。

(がけ条例だと、がけの高さの1.5倍建物を離さないといけません。)

電柱がない。下水ますがない。

車で入れない。(道路ではないかも?)

敷地は、4m巾の道路に2M以上付いていないといけません。

現地は必ず確認して、夕方、夜も実際見てみることも、

大切です。

わけありで土地価格が安かったりすることも多くあります。

あせって土地を買うのは、こらえてもらって、」ここで、一番良いのは

建てる会社さんに土地を買う前に建築のプロに見て、アドバイスを

してもらうことです。

建築のプロの見解が必要になる場合もたくさんあります。

本当は、一番最初に建設会社に相談しにいくことが良いです。

土地も決めてないのに何でと思われるかもしれませんが、

不動産と兼業している工務店、建設会社は、たくさんあります。

ワンストップで土地を買って、建物も建築できて、

スム-ズに進められます。

そうでない場合でも、建築屋さんに行ってみて下さい。

予算に見合う、土地の紹介も、建築相談しながら

進めることもできます。

土地であっても、事前に買う前にプロとしてアドバイスしてくれます。

 より、総額がわかり、予算オ-バ-をできるだけ防ぎます。

なかなか、気に入る土地が出ない時も有りますが、

めぐりあわせと縁で、ポンと出るときがあります。

焦ることなく気長にやることです。

 いかがだったでしょうか

初めての家づくりで何から始めればよいか、

解らないことばかりです。

行き詰まりもあると思います。

ポイントは、家を建てる目的。

総額、土地がいくらまで、建物いくらまで

諸経費などで総額を決めておく。

予算オ―バ―ロ-ンを組んでしまうと住宅ロ-ンの支払いだけで

ただ家を建てたということになり生活が楽しくありません。

信頼できるプロに相談してみて下さい。

家づくりは、あせらず進めるのがよいと思います。

7月半ば位から、長期優良住宅の補助金政策が始まるようですので、

家を建てるときには活用してみてはいかがですか。

 

家づくりの際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

売却専門の不動産査定、独自の販売戦略・売却のスペシャリストがおります。

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火、オーパスの

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

物持ちが良く、高耐久、高耐震な家を創っています。

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです。 

土地建物売買・賃貸管理・賃貸リフォ-ム

・相続対策・建築コンサル、お困りごと、

草刈り、空家見回り、空家管理、お気軽にご相談下さい。


資料請求 青山都市建設

記事一覧|社長のブログ

2ページ (全23ページ中)

ページトップへ