資産を売却したい方

不動産の売却は、人生いでそう何度も経験することは、少ないかと思います。

まず、売却の査定をしてもらいましょう。

気を付けることは、査定価格が高めのところ。

地元の不動産屋さんと、大手不動産屋さんで、大手さんのが査定価格が高い。

ポイントは査定価格だけで決めるのはやめましょう。

あくまで、査定価格は目安になるということで、最終的な売却価格ではないことが多いです。

最終的には、地元の不動産屋さんの価格で売却されたお話はよく耳にします。

地域に密着した地場不動産屋さんの方が、対応が良く、親切だと思います。

既存住宅の場合で、昭和56年6月以前の物件は、簡易インスペクションをしてもらいましょう。

そして、簡易インスペクションで実際売却に進む時にインスぺクションを受けておきましょう。

売主さんは、物件の状態を知っておいて、買主さんにもその状態を納得して買っていただければ

後々のトラブルはなくなるでしょう。

インスペクションして、不具合がなく、また不具合があってもそこを補修すれば瑕疵保険に加入できます。

売主さん、買主さんに双方メリットがあります。

ページトップへ