建物瑕疵保証

全ての新築住宅は、平成12年住宅品質確保促進法では、基本構造部分と、   

雨水の侵入を防止する部分につきましては、お引き渡し後10年間に、

何らかの瑕疵が見つかれば、無料修補が義務づけられております。

瑕疵担保責任履行法に法律が変わり住宅事業者と、第三者機構が、                    

保険契約を締結し保険にて住宅所得者を救済できるようになりました。

青山都市建設では、この法律が施行される以前より、

住まい手の皆様が安心して暮らしていただけるように、瑕疵保証制度の活用を

前提に住まいづくりをしてきました。

瑕疵を未然に防ぐために、建設の中の現場に第三者の検査員による検査を受け、

住宅引き引き渡し時に保険付保を発行しております。

 

ページトップへ