スタッフブログ

耐力面材とは?

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/01/12(木) 社長のブログ

外部の面材には、構造用合板や、ダイライトなどあります。

木造軸組みを強化するため外壁廻りに貼ります。

今回は、耐力壁について解りやすく説明します。

 耐力面材 HD金物

 我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 当社の良く使うのは、外部廻りの耐力面材はダイライトです。

地震対策、建物の長寿命化を図るために使用しております。

また、湿気を透湿しますので、壁の中に湿気がこもり、

結露の心配もなくなります。

良く外部廻りにベニアを貼っているのを見かけますが、

内断熱の場合、特にグラスウ-ルの場合は、断熱材の施工に、

注意しないといけません。

隙間があると、そこを通って、外部に貼ってあるベニアの内側に、

湿気がこもります。

この湿気は、ベニアなので湿気は抜けずにそこに留まります。

これが、壁の中の結露を引き起こすことになります。

気づかないうちに、柱、木材が腐ったりもしていき、

建物寿命が、短くなります。

特に、2X4工法(柱梁が無く、ベニアを壁にして建てていく施工法)

でやっている会社さんは、内部の断熱施工を

きっちりやっていないと、耐震力劣化など致命傷になります。

これは、壁のベニア部分を構造耐力壁としているからです。

一方、ダイライトは、湿気を通しますので、

壁の中の結露は、ほぼございません。

外壁が仕上がると目に見えなくなりますが、

見えないところにも適材な物を使い、建物の長寿命化を

約束しております。

断熱材の施工も、省エネ講習会受講済みの大工さんのみ、

施工しております。

ポイントは、お願いする会社さんに「断熱講習受講済みですか?」と、

聞いてみて下さい。

家づくりを頼んでいいか?の判断材料になります。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ