お問い合わせ
資料請求

家づくりのポリシー

「自然素材をふんだんに使用した木心地の良い家、気持ちの良い家を創る」
「家づくりの楽しい思い出をオーナー様の心にお届けする」

これが私たちのポリシーです。
私たちは、全てのお客様へ、気持ちよく快適に暮らせる家をプロデュースいたします。
土地の選定~資金計画~プラン~工事まで、ワンストップで対応いたします。

頑丈なことはもちろんのこと、目指すのは、エネルギーを賢く使った、創エネ、高断熱で、自然素材を用いた家。すなわち、ゼロエネルギーの住宅です。
青山都市建設では、国の政策にもアンテナを張り、JBN次世代の会にも所属して、日本の家づくりの今を解りやすくお伝えしております。

 

 

01.

地球環境とこれからの住まいについて考える

リビングから階段今、地球は深刻な問題をかかえております。

二酸化炭素濃度は、産業革命から180年で、40%増加しております。世界の平均気温を、+2度以内に抑えるためには、もはや化石燃料は、埋蔵量の1/3しか燃やすことができません。

今のままでは、ますます二酸化炭素濃度が上がり、海水面上昇、ゲリラ豪雨、季節はずれの台風、猛暑、大雪、生態系の変化など、ますます地球環境は悪化するばかりです。

 

子供たちの未来のため、地球温暖化を抑制するために、

自然素材の家 + 健康性と省エネの両立 + 省エネ機器 + 太陽光のエネルギーを上手に使う家を供給していくことが使命となりました。

 

階段

ほとんどの建設会社は、新建材を多く使用しております。

新建材の床は、無垢の床板を一枚一枚貼るよりも圧倒的に早くできます。

新建材は、本物に似せて工場で作ったものであり呼吸もしません。

実は「そこの会社さんの社員の方は、新建材で家は建てたくないと思っている。」という話は良く聞きます。

自然素材(本物)がよいと解っているので自分自身の家には本物を使います。

 

皆様も、よく考えてみてください。少し前の家は、新建材は使用せず、呼吸をする本物の木が使われていました。床は無垢の黒光りした板、壁は漆喰や板壁の室内で深呼吸ができる家でした。

 

本物は、耐久性が高く持ちもいい。肌で触れるところは自然素材、呼吸する壁、無垢の床材、無垢の扉がいい。新建材にはない、本物の経年劣化を楽しんで下さい。

本物は、初期投資はかかりますが、ランニングコストは安く済みます。

今一度、快適な家とは何かをお考えください。

 

 

02.

家に求められる性能とは?

家電製品や、自動車にも性能があります。

家にも同じように「性能」があります。

家が大きくて広いとか、設備がとても豪華であるとかいうものではなく、家本体が高耐久であり、構造の耐震性、断熱性が高い家であること。

また、長期優良住宅基準を満たす性能になっていること。

これによって家の性能が高くなるのです。

青山都市建設がつくる家は、高性能な家なのです。

 

地震に強い住宅・長期優良住宅

一般住宅に比べ、耐久性・耐震性が高く省エネ性能に優れるなど、長期間、良好な状態で住まい続けられる措置が講じられ、長期に渡る維持保全の計画が立てられている住宅が「長期優良住宅」です。