スタッフブログ

液状化に強い地盤改良

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2016/12/11(日) 社長のブログ

ハイスピ-ドによる地盤改良

地盤改良工事には、さまざまな工法があります。

ただ、注意しないといけないのは、将来万一売り出す時に、

工事の材料により、問題が生じる場合があります。

 ハイスピ-ド地盤改良

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 

当社一押しの、地盤改良工法は、ハイスピ-ド工法

採石を利用した杭工法で、東日本大震災時も効果がありました。

液状化を防ぐ、杭が地下で折れない、自然の砂利を使用するなど

環境に優しいエコな工法などが、主な特徴です。

ほとんどのオ-ナ-様がご存じないのが、土地の評価時に、土壌汚染、

埋設物の有無のチェックがあります。

その浄化費用や、埋設物の撤去費用が差し引かれて、

評価される場合があります。

天然の採石を使用しており、土壌汚染、環境破壊、の心配は、

ありません。また、再度建て替えの時には、同程度の大きさであれば、

再利用可能です。

地盤の悪いところは、地下水位が、低い個所が多いので、液状化現象が、起起こるケ-スがあります。

採石の杭なので、万一の時には、この砕石の中に、水が含まれて、

水圧を逃がす効果があり、建物を守ります。

地盤調査で、改良工事が出た方、環境に優しい工法で建物を、

建てたい方は、詳しいプロに相談してみてください。

 また、新築、建て替えの時、参考してみてください。

 青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

記事一覧|2016年12月

ページトップへ