スタッフブログ

家を建ててもらう依頼先を決めるとき

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/01/26(木) 社長のブログ

 家づくりで大切なことの一つに、見て確かめる

ことも重要なポイントです。

 依頼する会社さんの、見学の仕方を解りやすく解説します。

 長期優良住宅 基礎

家の見学に参加する

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

オ-ナ-様のほとんどは、家づくりが初めてで、

失敗、後悔は、したくないです。

家づくりは、人生の大事業ですので、

スム-ズに進むように私もバックアップしております。。

工事現場で、家を見ることは、とても参考になりますし、

構造見学では、骨組の確認、金物の使われ方、ゴミの置き方、

整理整頓、など見てみてください。

現場は、正直にその会社の姿勢が出ます。

工事現場や、ご入居中のオ-ナ-様の家が見れない会社さんは、

注意して下さい。

見学の際に、お願いされることは、

住所、氏名の記帳を求められます。

工事中ですと、ヘルメット着用や、軍手着用などもあります。

また、完成した家を見る際に、手袋着用も、お願いされると思います。

こうした配慮は、いい会社さんです。

見せていただくオ-ナ-様を大切にしているからなのです。

配慮が感じられない会社さんは、この時点で検討先からはずします。

見学の際に

実際、完成の建物をみて、リビング広さ、洗面室の広さを

今住まいの家と比較してみてください。

図面で、大きさを検討していて実際は、「これくらいなんだ。」と

確認してみてください。

図面と、現実の広さのイメ-ジの違いを感じて下さい。

次に、家具の配置のイメ-ジも、してみてください。

リビングの窓が上についてたりした場合は、家具の配置にも

気遣いながら設計されているからです。

最後に、解らないことは、何でも構わないので、どんどん聞いてみましょう。

土地、仮住まい、素材、間取り、銀行ロ-ンなど、たくさんあります。

 

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ