スタッフブログ

家の住環境

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2017/02/16(木) 社長のブログ

家の廻り、敷地条件により家に与える影響が、けっこうあります。

その条件を踏まえて、建築的手法で、デメリットをメリットに変える

方法があります。

今回は、住環境について解りやすく説明します。

 土地探し 敷地

敷地条件

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

まずはじめに、敷地の条件からいきます。

日照があり、解りやすく言うと日当たりのよさで考えれば良いです。

廻りの建物の高さにより、建物が日陰になっている。

廻りの住戸間が狭く風通しが悪い。

車通が激しい。

まだ沢山ありますが、この3つを、建築的手法でかえます。

日照の場合は、建物を、高断熱化する。

このことにより、冬場は、エアコンを入れて室内を暖めてあげると、

温度の変化が大変緩やかになります。

熱が外に逃げるのを高断熱化により、防ぐ方法です。

次に風通しですが、

これは、南の面から、北側に、風が通り抜けるように空間、間取りを

プロと打ち合わせして決める。

リビングから、階段室の窓(北)へ通り抜けるような感じです。

風の通り道を、3方行~4方行くらい計画する。

車の通りが多く、うるさい、排気ガスがすごい。

日照のところと、重複しますが、壁の中の断熱材と、

窓を強化する。

自然給気の、24時間換気で無く、熱交換式を採用する。

熱交換式の換気扇は、PM2.4や、排気ガスを取り除き、室内には、

きれいな空気を、供給してくれます。

温度も、外が寒くても、室温に近い空気を、熱交換して入ってきます。

これにより室内は、クリ-ンに保てます。

土地を買ってから、家を建てる場合

土地を選んで、買う場合は、いくつかのポイントがあります。

まず、朝その土地を見てみる。

人の流れ、車の通りを、確認する。

日中も、どのような環境か見る。

夜、駅から歩いてそこまで行ってみる。

車ですと、見落としますので歩いてみてください。

なぜか?

昼と、夜とで、環境が異なるところがあります。

例えば、朝、夕は、幹線道路の抜け道になって交通量が増える。

風向き、季節、時間によりにおいがする。

だから、何回か足を運んで実際に体感してみて下さい。

昼間1回見て決めてしまうというのは、注意が必要です。

また、何回か足を運んで、判断にまよったら、

信頼できるプロに相談してください。

家づくりする際に、お役立てください。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ