スタッフブログ

井野家、基礎工事

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2016/12/13(火) 社長のブログ

住宅の基礎工事には、どのようなやりかたがあるか?

その建てるところの地盤の強さ(建物を支えられる強さ)にも

より、工事の仕方が、異なります。

今回は、基礎について解りやすく説明します。

 基礎工事 やりかた

我孫子市で創業32年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設 代表の 足立 剛です。

 

住宅の基礎とは?

簡単に言うと、地面と接しているコンクリ-トのところ。

グレ-のところです。

耐圧盤基礎、布基礎などありますが、地盤が軟弱だと基礎の下の、

土の部分を補強しなくてはなりません。

杭を打ったり、表層を固めたりして、補強します。

いくら、良い基礎でもその下の地盤面が軟弱だと、

建物を支えられません。

地盤が弱いところは、適切な基礎設計、地盤改良が、必要です。

住宅の基礎の主流は、べた基礎です。

この基礎も、最近では、構造計算により、配筋間隔を決めております。

木造の住宅も、構造計算して、耐震等級3を取るようにしております。

地震大国日本では、万一の時に、建物が人の命を守らなくてはなりません。

等級3を取ると、地震保険もお安くなりますし、長期優良住宅ですと、

固定資産税が安くなったり、登記費用もお安くなったり、

国からの補助金ももらえます。

建物を支える基礎が、頑丈でないとなりません。

ご不安でしたら、詳しいプロに相談してみてください。

 また、新築、建て替えの時、参考してみてください。

 青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

記事一覧|2016年12月

ページトップへ