スタッフブログ

注文住宅で家を建てる時の資金計画

代表取締役  足立  剛 自己紹介へ
2018/08/28(火) 社長のブログ

誰でも、予算内できるだけ安く建てたいと、あたり前に思うはずです。

何社かの建設会社から出てきた見積もりの金額の安い、高い

だけでは決めてはいけないです。

今回は資金計画についてのプログです。

 

 我孫子市で創業33年自然素材の家を創って

地域No1.を目指す 青山都市建設の 足立 剛です。

 

初めての家づくりで、まず知っておいた方が良いことを、

何個かご紹介します。

土地のこと、家にかけられる総額、室内の仕上げの素材

メンテナンス費用、断熱工事、固定資産税、

ランニングコスト光熱費等を、

最低限おさえておきたいとこです。

資金計画をがっちり立てる。

 

まずここから、おさえておきましょう。

貯金、年収、親からの援助等

このことを、把握しながら、家にかけられる総額を

だいたい決めておきます。

もちろん、家のロ-ンだけで大変な生活は送りたくないので、

余裕をみておきます。

気をつけていただきたいのは、高い土地を先に買って、

家の予算が大幅に削減されるケ-スが多くあります。

もちろんお住まいになるお気に入りのエリア、学校区

いろいろあると思います。

建設会社さんと土地探しは、同時進行で進めてください。

自分たちに合う建設会社さんで、まず2F建て30坪位の

概算を教えてもらう。

概算なので、土地の状況 (高低差、市街化調整等)で大幅にかわりますが、

建設にかかわる概算総額をだしてもらう。

そして、不動産屋さんに行く、またはネットで調べる。

資金計画が解らないまま、進めていくと、ロ-ンで苦しむことになります。

お客様にそうなってほしくないので。

注文住宅での家づくりのポイントの1つです。

 

ライフプランを立てる。

ライフプランを提案してくれる会社さんは、

多くは無いとも思います。

家族の年齢、イベント(入学、進学、成人、結婚、車の購入)

これらを、表にしてみましょう。

だいたいは、ご主人様の定年時に、ロ-ン完済というスト-リ-になります。

そのうえで、住宅ロ-ンの返済年数を確認します。

 

返済計画

だいたいの返済年数を把握したら、

月々の返せる金額を確認します。

1・今の家賃と駐車場代

2・住宅建築資金

3・建てる家の固定資産税

4・光熱費の増加分【家が大きくなりますので増えます】

公式は、1+2-(3+4)になります。

順序だててやれば資金計画は難しくはありません。

 

資金計画を後回しにして、プランや、敷地調査をしている会社さんは

オ-ナ-様のことを考えているのでしょうか?

 

いい家であっても、無理な資金計画ですと、借金の為に働くことになり、

最悪、家を手放さなくてはならない場合もでてきます。

いかがでしたか?

資金計画をまずがっちりしてから、土地、建設会社探しをしていくと

スム-ズに進められます。

土地からの場合は、土地の所有権の移転の時期を、

なるべく時間をもらいましょう。

所有権移転までに、プラン確定、請負契約、建築確認申請、

銀行ロ-ンを融資承認までしておかなくてはなりません。

1カ月で、プランを決めて進めていく作業は、大変なので、

ここをゆっくり、じっくりやると、成功する家づくりになります。

 

家を建てる時、土地を買う時にご参考下さい。

青山都市建設は自然素材を取り入れた気持いい、木心地がいい

家づくりをする地域密着な建設会社です。

 

土地から探す家づくり、ワンストップで提供できます。

住まいと、暮らしのお手伝いの総合窓口です。

既存住宅の状況調査(インスペクション)も診断でき、

不具合があれば修補もでき保険にも入れます。

 

営業エリア=我孫子市・近郊(1時間内)

初代  足立 右幸

二代目 足立  剛(現社長)

1985年3月に創業し2代に渡り歩んで参りました。

現在、2代目社長が奮闘しております。

 

厳選した紀州材の構造材、内装材は自然素材にこだわった

木心地いい、気持ちいい、暖かい住宅です。

冷えすぎず、暑すぎず、居心地いいです。

 

赤ちゃんから、おじいちゃん、おばあちゃん、お住まいになる方が、

ヒ-トショック、シックハウスにならない家づくりです。

 

長期優良住宅を標準として・低炭素住宅・省令準耐火

室内塗り壁、外壁塗り壁・内側のセルロ-スファイバ-と外側のW断熱で

驚きの内容で提供しております。

 

 

標準仕様に太陽光システムを乗せれば、

ZEH・ゼロエネルギ―住宅になり、光熱費を削減し家計に優しいです

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ